2018年2月5日月曜日

慣れが生んだ悲劇について

それにしても、あれからずいぶんと日にちが経っていたものです。

きょうは立春。
日暮れの時刻はこのところ、目に見えて遅くなってきているのを感じます。

なんもく村の西空を遮る山山に、橙色の夕日が落ち込んでゆく12月初旬。いま時期より40分余りは早かったものです。
手前、雪に埋もれた愛車イプサム



 前日から降り始めた今回の雪。

細い降りながら一晩中降り続き、翌朝には30センチ余りの積雪となったかたじ屋前農道二号線特設ゲレンデ。
通称「ハートブレイクヒルコース(リフトなし)」

早朝のゲレンデチェックの時点で滑走可能の判断が下され、私と末っ子長男の”中ぐまくん”は、しばらくぶりの改造ソリによる滑走を目前に否が応にも高ぶります。

外の気配、特にガッガッガッガッガ!と鈍い音をさせながら農道二号線を走り抜けてゆく可能性のあった除雪作業車の気配には神経をとがらせる親子。

先日の降雪の際にははやくも雪をかっぱいていった時刻を何事もなく過ごし、降りしきる雪の気配に目を凝らし、耳を凝らします。



私:『思いのほか積もった雪に手間取り、農道二号線までは手が回らないのかもしれないぞっ!』

中ぐま:『他のルートを重点的に回っているせいでこっちは忘れてるんじゃない?』

・・・いまにして思えば、まったくもって都合の良い浅はかな解釈でした。



この雪のために登校時刻を大幅に遅らせる判断をした学校。

時間的にゆとりを感じてしまった私および中ぐまくん。このわずかなゆるみと希望的観測が悲劇を生んだのかもしれません。

よゆーのよっちゃんでストーブ前に陣取り、この時間に除雪作業車がやってこなかったこと=きょうはもうやってこない!というあまりに身勝手な判断。

やはり世の中はそんなに甘くはありませんでした。



『よし、そろそろいくかぁ!』
2杯目の牛乳入りコーシーを飲み干し、十分に体が温まった頃合を見て中ぐまくんに声をかける私。

立ち上がり、赤々と炎を上げるストーブ内に燃料となる大きめの薪を突っ込み、その足で玄関へ向かおうとしたその時でした。

『お・お・おとーさんっ!』

リビングの暖まった空気を引き裂くように絶叫する中ぐまくん。その顔には険しい表情が浮かびます。

ハッとして、反射的に外の気配に全神経を集中させる私の耳に聞こえてきたのは、まだ聞こえるか聞こえないかほどの小さな音ながら、紛れもないあの「ガッガッガッガッガ!」という除雪作業車のバケットがアスファルトを擦る雑味のある音。



一瞬で凍り付くように固まる親子。
ややうつむき加減で、耳だけをガラス戸の外に向け全ての音を吸い取り、事態を把握することに全神経を傾けます。

淡い淡い期待をあざ笑うかのように、徐々に大きくなり、そして間違いなく農道2号線を近づいてくる除雪作業車の音。

そして我が家の前を通り過ぎる気配。
その先はもう、農道2号線特設ゲレンデ「ハートブレイクヒルコース(リフトなし)」しかありません。

前方がゲレンデ・ハートブレイクヒル
無残にコース中央の雪をえぐられ、黒いアスファルトをむき出しにした農道2号線特設ゲレンデ。

これでは自家製改造ソリの出番はありません。
大きな判断ミスをしてしまったのです。

あと30分早く行動を起こしていれば、いや、1時間はやく外に飛び出していれば、リフトなしのゲレンデとはいえ改造ソリを引っ張り上げて、ふたりで5本は滑走できたはずだったのです。



降りしきる雪、2杯目のコーシー、登校時刻の変更、そして何度目かになる特設ゲレンデ滑走がもたらす慣れという恐ろしい判断ミス。すべてが微妙に絡み合い、今回の悲劇を生んだのかもしれません。

誤解のないように追記いたしますが、仕事とはいえ、あさから除雪作業をおこなっていた事業者の方には当然のことながらなんも落ち度もなく、生活道路を降雪の度に除雪していただけることへの感謝の念しかございません。

全ては判断を誤った中ぐまくんのせい・・・。否、息子のせいにするのはちと大人気が無かったかもしれません。

そうです、私の判断ミスでありました。

今回のこの経験を肝に刻み、降雪時滑走可能と判断された場合の行動についての検証を整え、来るべき次回に備えたいと思っています。

う~ん、滑りたかった・・・。

10 件のコメント:

  1. 「2杯目の牛乳入りコーシー」と掛けまして、「昨年後半から本年初における南牧村消防分団員のご活躍」と説きます。
    その心は、『火』を消して幸せをつかみます。

    新聞等の報道により、南牧村及びその周辺で火災が多発していたことを知り胸を痛めておりました。
    我が師匠も消防分団員として、村の安全安心のためご尽力なされたことと推察致します。
    今後とも南牧村のことを宜しくお願い申し上げます。

    返信削除
    返信
    1. むむっ、何者だ?
      役人のようなコメントは。

      もしやお笑いコンビ千鳥のノブか?
      似ている・・・。

      削除
  2. 匿名2/08/2018

    かたじ屋殿

    丼だっけェ〜!〜!!
    いやいや南牧の雪雲に気合が入ると凄い!
    一晩でフィンランドか飯山市?みたいになるのですね。
    こちら岩神ヒルでは1月22日に6〜7cmと2月1日の1〜2cmほどの2回の積雪となっております。

    ��ブレイクヒルコース・・・残念でありましたね。
    あのコースの傾斜度があれば、そこそこのスピード感を楽しめるのでは。
    アイスバーンならボスレーも出来そうな感じがします。
    それにしても・・・まっあぁ〜見事なシュプールでございます。
    次回、見事なる成就をお祈りしております(^^)

    さて、前回の中途脱落呆けコメントは失礼しました。
    まったくどうしたものか脳ミソ呆け状態になり作文にならなかったのであります。
    とうとう前期高齢者の壁を越えたかと腹をメジャーでくくっておりました。
    たかがコメントされどコメント。
    なめたらアカン!なのですね。

    人生のゲレンデをスベリまくったカッパかな。


    返信削除
    返信
    1. 前期高齢かっぱどの

      うちのゲレンデはなかなかの勾配を維持しておりますので、スピード感、スリル、共に味わうことができます。

      曲がりくねったコースでは操作を誤れば吹っ飛ばされてしまうほどの難コースでもあるのです。ちなみに前期高齢者に該当するかたは、ソリを引っ張ってゲレンデ頂上まで移動することが困難なため原則滑走不可となっております。

      悪しからず。

      削除
  3. レジェンド2/10/2018

    かたじ屋殿

    バアフリーゲレンデへの改修願います。

    引っ張って引ダメなら押してみな・・・・チーターファンのカッパかな。

    返信削除
    返信
    1. レジェンドかっぱどの

      ご希望は承りました。
      段差や勾配をなくし、平らなゲレンデというのを検討してみますが···、滑走不能なゲレンデになるかもしれません。

      削除
  4. 風呂川の河童2/12/2018

    かたじ屋殿

    ・・・・・・・・・なるほど。

    返信削除
  5. 風呂川の河童2/26/2018

    かたじ屋殿

    このカツパ・・・只今左腕に太いギプスを装着しPCに向かっております。
    ロボコップやサイボーグ005に並びウエポンカッパーになるつもりもないのですが・・・ね。
    今月14日にパリッパリッとやりましたよ。徘徊中でなく「撮影中」に。
    この日天気よく赤城山頂部も気温が上がり凍結面には注意して滑り止めも付けていたのですが
    バランスを崩した瞬間後・・・カメラは無事つかんでいましたが、左肘はしっかり氷にエルボー
    ドロップをかましておったのです。
    結果は肘の関節部が砕けており、18日より日赤へ二泊三日のオペツアーとあいなりました。

    イヤハヤ・・・・
    まっあぁ〜重なる時は重なるもので
    16日朝に父が大腿骨骨折し実家よりSOSで入院。認知の入った母を残すわけいかず平行して
    施設へショートステイの入所。
    この日はタイミング悪く私の入院検査日。
    姉夫婦に助けられましたが、兄弟がいると心強いですねぇ〜!
    今回騒ぎは自分達夫婦のこれから・家族のあり方等など考えさせられましたね。
    60歳のラインを越えると「老いというもの」がまじかに迫り見えてきますよ。

    医者に「骨密度は」と聞いたら大丈夫と言われ安堵したカッパかな。

    返信削除
    返信
    1. かっぱどの

      イヤハヤ。
      なんと声をかけてよいものか・・・。

      まずもってご自身の骨折ツアーに、お気の毒でありました。
      またご家族の度重なる不運にはお見舞いを申し上げます。

      九州で暮らす母親とは、たまに電話で会話をするくらいの、誠に持って親不孝で好き勝手に生きてきた長男・かたじ屋には、かっぱどののご苦労やご家族の心労は想像もおよばないものがあります。

      近くで暮らしている弟家族や末弟に感謝なのです。

      かっぱどの&お父様の怪我の癒える日が一日も早くなりますよう。またお母様の健康をお祈りいたします。

      昨日、一日中薪割りをして体中が軋んでいるかたじ屋。
      まだまだ50代。

      削除
  6. 河童2/27/2018

    かたじ屋殿

    いやいや軽くなりました左腕が。
    今日の診察でロボコップのような極太ギプスを外し、薄い板と包帯となりました。
    スッキリは良いのですが骨折から二週間で筋肉と力がそがれ、自分の腕?と思うほどに。
    腹の肉が落ちて欲しかった(笑)
    来週からリハビリが本格的に始動。
    町内あちこちの梅ノ木が咲き誇りいい香を漂わせています。
    もう・・・春でありますよ。

    オペ後、父もずいぶん元気になりました。
    お気遣いありがとうございます(^^)

    姉弟の繋がりは有り難いですよね。


    返信削除

コメントはこちらからどうぞ。冷やかしも可