2018年3月8日木曜日

少子化が進む山村の学校事情



なんもく村の子供たちはとっても元気!


人口減少が止まらないオラが村・なんもく村。

当然ながら子供たちの人数も年を追うごとに減少してゆき、現在、小学生26名、中学生17名。

数字だけ見れば、そこそこいるように感じる人もいるかもしれませんが、9学年に割り込んでみれば平均4.77名。ひと学年5名弱ですから、多い学年もあれば少ない学年もあり、なかには在籍0名という学年も出てくることになります。

2018年2月5日月曜日

慣れが生んだ悲劇について

それにしても、あれからずいぶんと日にちが経っていたものです。

きょうは立春。
日暮れの時刻はこのところ、目に見えて遅くなってきているのを感じます。

なんもく村の西空を遮る山山に、橙色の夕日が落ち込んでゆく12月初旬。いま時期より40分余りは早かったものです。
手前、雪に埋もれた愛車イプサム