2017年2月28日火曜日

主夫業に翻弄される。



末っ子長男の中ぐまくん。
インフルエンザA型が終息を迎えたのは金曜日。



掛かりつけのクリニックで、治癒証明なる診断書を貰うことに成功し、まずはメデタシメデタシとなるはずだったのですが・・・。


中ぐまくんが寝込んでいた数日間、隔離していた二階“雑魚寝の間”を往復していた家内が、翌日の土曜日からどうも調子がおかしいとの訴えを起こし、体温計は通常よりも若干高い体温を計測です。

いやーな予感が頭の中を通り過ぎるなか、とりあえずは市販の葛根湯を服用して早めの就寝となったさらに翌日の日曜日。

事態は急変!

あきらかに容体がインフルエンザを思わせる容体となり、本人曰く『とにかく寒い!そんでもって関節という関節が痛い!』のだそうです。

体温は前日よりもさらに上昇し、誰がどう見てもインフルエンザの初期症状なのです。末っ子長男・中ぐまくんから罹患したのは間違いなさそうです。



日曜日は掛かりつけのクリニックもお休みということで、広域で唯一の休日診療を行っている総合病院敷地内の休日診療所へ向かうこととなったのでした。

結果は、言うまでもなくインフルエンザA型のビンゴ!なのです。



タミフルと頓服を処方してもらって帰宅してからの私は、仕事に主婦業にと大忙し。

当然、中ぐまくんと同様の措置を取らせていただき、2階・雑魚寝の間に家内は隔離です。

水曜日には次女真子さんの卒業式がありますので、新潟に向かわなければならず、私にまでインフルをうつされては敵いません。



朝・昼・晩と台所に立ち、朝食が終わると洗濯物を洗濯機に投入し、家内の指示に従って洗剤(いまは粉の洗剤じゃないんだ!)と柔軟剤を入れてスイッチオン。

2杯目のこーしーを片手にデスクワークをこなし洗濯機からの終了宣言を待つ私。

合図とともに籠に詰め込んだ洗濯物を2階の物干しスペースに運んでピンチにぶら下げ、ハンガーに吊るして物干し竿へ。

もちろん、パンパンッ!としわを伸ばすことも忘れてはいません。

ものすごく久しぶりの洗濯&物干し作業にちょっと新鮮な気分を味わいながら、『これ、毎日はできねーな・・・。』と独り言ち。



学校から帰宅した中ぐまくん。

我が家の事情を理解しているらしく、私が仕事を終えて、徒歩30秒の工房から戻ってくるまでにお風呂の準備に台所に残っていた洗い物の処理とマメマメしく手伝ってくれますのでおとーさんとしては大変助かるのです。

家内のお粥と梅干&目玉焼きをトレーに乗せて、2階・雑魚寝の間に運ぶのも中ぐまくん。フムフム、なかなかやるじゃねーか、というところでしょうかね。



本日火曜日。

どうやらピークは過ぎた様子の家内。

熱も下がり、食事もとれるようになってきていますので、そろそろ起き上がることができるようになると思いますが、寝込んでいるせいか節々が痛むようです。まあ、徐々に回復してゆくでしょう。

とりあえずは金曜日あたりまでは自宅待機で外界とは接触を避けたほうが良いと診断されていますのでもう少しの辛抱です。

3日目にしてすでに、今晩のメニューに悩み苦しんでいる私。
家事というものはいかに大変なことなのか、この数日をかじりながら体験させて頂いています。

はやく元気になーれ!

5 件のコメント:

  1. こんにちわ~先日は色々とお疲れ様でした。体調はいかがですか?感謝集会のときに、息子ちゃんがインフルだと聴いてたので心配してました。奥様大丈夫でしょうか?佐藤さんに移らないことを祈っています。お大事に・・・真子ちゃん卒業おめでとうございます。新潟行き気をつけてください。

    返信削除
    返信
    1. 先程は煎餅ご馳走さまでした。
      明日は新潟にいってきます。

      削除
  2. 人生・春・横断

    返信削除
    返信
    1. “ばーじにあすりむ”
      ってとこでどうだ!

      削除
    2. 柿の実色した水曜日でもいいかな・・・。

      削除

コメントはこちらからどうぞ。冷やかしも可